Real estate

早めの実施が必要

対象工事を行う

住宅のリフォームを計画する際には今年から再度導入される住宅エコポイントの精度を利用するとメリットがあります。住宅エコポイントは対象工事が決まっているうえに予算措置の範囲でしか適応が無いので早めに実施する必要があります。リフォーム工事の計画に当たっては省エネルギーに配慮した節水型の浴槽やトイレ、耐用年数の長いLED照明などの採用が必要です。こうした対応をすれば長期的に歯光熱用水費の削減に繋がります。住宅エコポイントの申請は施工業者が行うことになりますので、リフォーム工事が完了次第施工業者に申請を依頼することになります。交換する商品については施工業者がカタログを所有しているのでカタログの中から選択することになります。

費用が高くない

リフォームで省エネルギーを意識した内容とするためにはどうしてもイニシャルコストとしては金額が大きくなるので住宅エコポイントですべてを回収することは出来ません。地球環境を保全するということが全世界で叫ばれている中で東日本大震災の影響で温暖化ガスの使用量が増加している日本にとっては全国民が省エネを意識しなければならないということが言えます。行政サイドでもこうした動きを促進するために住宅エコポイントを復活させたわけです。消費税増税の影響で住宅の新築については停滞を続けておりますので、地震対策としてもリフォームが重要になっておりますので、耐震強化と同時に省エネにも取り組むことが重要ですし、この住宅エコポイント制度が後押しをすることは間違えありません。